Text Size : A A A
 5月も終わりですが、、、なんか冷えますね。
 花屋のすーさん(お花は野菜以上に気候の影響を受けるらしいです)が「温暖化ってのは暖かくなるだけじゃなくて、気候が極端になる」と言ってましたが、まさにそんな気がします。

 でも、明日からは少しは安定するのかな?(明日は定休日ですが)。

 これからはロゼの季節ですね。
 日本ではロゼ。。。。?な感じですが、ここ数年ワインの本場ヨーロッパではロゼがブーム、というかその良さが見直されてるのですね。

 暖かい夕方、カフェできりりと冷やしたロゼを。てな感じで、なんとフランスでは白ワインの消費量を抜いてロゼが。
 そんなイメージだけではなく、和洋中・肉魚野菜を全てカバーできるのがロゼ。ほんとですよ。特に辛いエスニックや貝類と相性がいいのです。

 うちではグラスでロゼを必ず一本。。。入れていきますね。

 そして
 暖かくなってくるとラムや焼酎、グラッパなんかもキュッと飲みたいですね。徐々に仕入れております。
 今日はカシャーサ51が入荷しました。
 原則カクテルをやらない方針のmiankahですが、「カイピリーニャ」だけはやりたいんですよね。夏場限定です。

 うちのバックバーには、カルヴァドスやフレンチラム、シングルモルトなんかもありますので、ワインの締めにでも。また、ハードリカー一杯のバー使いでも。

 店主の寝酒にもなってますが。。。。

 
Img_110db0e574d614eb19df9d1c3be74ca2be018fbb
 親父から玉ねぎが届きました!
 うちの親父さんは用賀で共同で畑を借りていて。
 昨日が一回目の納品(?)でした。
 
 用賀から駒沢まで歩いてきたって。お疲れ様。。。。

 この玉ねぎ。甘くて旨くて、刻んでしまうのは勿体無い。
 
 ってことで半割で一時間かけてローストです。

 ちょっとオリーブオイルかけて、ゲランドの塩。

 旨いっす、よ!

 仕込みに時間かかるんで、一日4皿限定、500円。

 南仏の濃ゆい白かな、、、、有元葉子さんの本によれば赤ワインにもあうそうです。
 
 もちろんビールも!

 焼き上がりに少々お時間をいただきますが。。。。
Img_5d26e6b1da89e25a7d55626d8bd593df6cc2dd72
相方です。
先の記事にもご紹介した
店主父の育てた玉ねぎの丸焼きがこちらです。
時間をかけて火を通すと、玉ねぎのエキスがトロトロ。。
あまーくなるのが不思議。

一日4食限定ですので、売り切れていたらごめんなさい!
 店主です。
 早いもので、レセプションから一ヶ月が経過しました。
 bwB(10年つづいている僕の大切な音楽仲間です)のみなさんからいただいたお花の一部はまだまだ元気ですし、サトカツ先輩の蘭も、ヒロセシェフのあじさい他も、ショーコさんのミニ蘭も、ユミちゃんのアイビーもetc。。。相方が丁寧にお世話しております。

 この一ヶ月、たくさんの出会い再会がありまして。。。「常にサービスの最前線に立ちたい」という思いで会社をやめて自分の店を持った僕としては、”間違ってなかった!”という満足感でいっぱいです。

 三茶Uの皆さんを中心に、bwBの仲間、僕の前職◯越時代の方々、そして開店前からチェックしていていただいたご近所の皆様、ふらっと立ち寄ってくれたお客さま、相方のお友達、前のお店(cubstarさん)からのお客さま、どこかの飲み屋で「そのうちお店を出すんですよ」と名刺交換させていただいた方、、、。そして僕と相方の両親も見守ってくれてます。

 駅近とはいえわかりにくいこの場所で、ボウズ(店主のことではなく、お客さんゼロの日)無しでやってこれたのは言葉通り「有り難い」ことでして。。。!!

 ちょっと体調が悪くて「攻め」ができない今日一日でしたが、明日の定休日でチャージして。
 水曜日からは全開でおもてなしさせて頂く!

 こんごともmiankahのちっちゃい二人をよろしくお願いします。
 
 
 
 
 

 
Img_44ceff1f89a1e5f1e6a403b498c010d125d70e36
ミミズクだから「みんみん」
Img_76013f158113cf5d1417b6e4492dbca3e4f18d0e
Vdettのしろくまくんストラップ
 店主です。
 うーん、今日は昼間は天気が良かったけど、梅雨入りっぽい雨になりましたね、、、。

 僕の大好きな季節は夏。暑いのはきついですが、やっぱり嬉しいです。

 うちの店名「minakah=ミャンカー」は沖縄の田舎言葉で「猫」なんですよというと、「沖縄の人なんですか?」とほぼ返されます。

 ま、それは当然な反応かもですが、ひとつには店主の顔の濃さかもしれません。沖縄には今までの旅行で合計4ヶ月くらいの日数を過ごしておりますが、だいたい三日もいるとすっかり黒くなって道を聞かれるようになりますね。

 沖縄。。。。いいなぁ。


 こっそり泡盛も仕入れました。
 スタート時期はまだ未定ですが、メニューに「オリオン小瓶」も追加予定です。小瓶、あるんですね。。。
 ビールと言えば、瓶ビールをこれまたこっそり「Vedett」に変えました。もともとVedettの予定だったんですが、問屋さんが品切れでヒューガルデンでスタートしてまして。

 運が良ければVedett携帯ストラップが付いてきます。しろくまくん。

 じめっとした日、暑い日は白ワインが旨いです。が、「ぐびぐび系」赤もちょいちょい増やしてます。
 タンニン控えめ、ぶどうジュース+αくらい、でも旨みはタップりのやつをちょっと冷やしてサーブ中。自然派ワインのある意味典型かもしれませんね。ワインなんて。。。所詮ヨーロッパの地酒ですから。

 ワインの作り手さんの中には、軽めの赤はロックで飲んで!なんて人も。

 ぐいぐい飲んで欲しいので、お安く5〜600円/グラスです。

 うちは排気がちと悪いんで、厨房の中はオーヴンつけてると灼熱です。
 そのアオりで客席も暑いかも、、、、。エアコンかけても外の方が涼しい時もあります。
 扇風機も買いましたが、暑いときは言ってくださいね。エアコン全開でもダメなら、うちわとか扇子とかビールとか(笑)。

 
Img_8dfcbc63a1d5fa8e21ba53b6f830d3047161437f
ラズベリー
ちっちゃい方です。
本日は定休日。梅雨に入ったと思ったのにいい天気ですね。
それどころか暑い!お日様の下、作業をしていたらめまいがしました。。

ここの所、定番になりつつある「フレッシュトマトと下馬産ワイルドルッコラのパスタ」。
そういえば下馬産ってどこのこと?
地元の方でないとわかりずらいですが、駒沢から見ると上馬や野沢のすぐ向こうです。
三軒茶屋のuguisuも、有名なパン屋さんシニフィアン・シニフィエも下馬です。
そして私、ちっちゃい方が住んでいます。

もうそろそろばれちゃいましたか?
「下馬産」は私が実家で育てているんですね。。。。ごめんなさい。。orz

Img_5a97a56b2e2be5190aad0285406382f91927813f
二年目株のワイルドルッコラ
Img_fde0db52c9ac430485101108a4e7ca6409a8712e
シロツメクサとクマバチ
Img_9f40e83b452c10a9657edc06de73e9fa6a5c86cb
ゆず ピールにしてパンに練り込みます
一軒家の屋上でかれこれ6年ほど家庭菜園をやっています。
父が始めた頃、自分はもともと虫や草木は好きだったのに
エアープランツさえ枯らしてしまうくらいの無精者でした。

3年くらい前からだんだんと面白さにとりつかれ
いまやすっかり土いじりの虜。

日々変わっていく季節や鳥、虫、草木の営み。
自分さえ感じようとすれば、
それは決して郊外や山奥だけでしか触れられないものではないようです。

Img_104448edac28deb5141ff7d4feb480105fd9f11b
ミニ人参
Img_e7021e646c0a28a4171a1d1d79a1153ffaff5748
セージ
Img_afec8d3d088eb71028849f30935c18a7069c82cb
ワインは作れませんがぶどうの木も一本。。
プランターと鉢での栽培ですので
店主の親父さんの畑のような立派なものや、量産は無理ですが
ハーブだったら。。ということで

ミャンカーで使用しているフレッシュハーブや一部の野菜を
供給していけたらいいなあと思っています。
合わせてお店の軒先にもいくつか利用できるハーブを育てています。
ローリエ、セージ、タイム、ローズマリー。営業中に足りなくなったときの緊急用ですね。

屋上で日が強いせいか、市販のものより香りも味も強いです!
コストがかかりがちなハーブも気楽に使えますし、もちろん無農薬なので安心です。

これからの季節、ルッコラは虫くんたちとの戦いです。。

この規模ではひとつひとつ手で採るのが一番。だけど暑いです、、、
お店でちっちゃい方の肌がだんだん焼けてきたら、
そんなことをしているからだと想像してやってくださいね。


ちっちゃい方の個人ブログ
 (Click!) 

これまでの屋上菜園とパンの失敗作などが見られます。。笑
 店主です。
 たまにはうちのワインの話でもしましょうか。。。

 うちで取り扱ってるワインは全て「自然派ワイン」と呼ばれるものです。自然派ワインとはなんだ、という話は前にもちょこっと書いてるし、先達が素晴らしい説明をしてくれているので興味のある方はググってください。
 あえてサックリ言えば「農薬や薬品のなかった昔のワイン+現代の技術を(必要なときに)使ったナチュラルなワイン」ということですね。農薬やもろもろの薬品なんてここ100年弱の話しで、ワインは何千年も作られていますから。

 この自然派ワイン。ひとつの特徴として「ミドルレンジの価格で素敵なものが沢山ある」ということですね。うちのワインはボトルで3200円〜6000円くらい、グラスで600円から900円くらいです。
 
 で、毎日グラスで白赤各3種類以上はご用意しております。どんどん変わるので定番はなし。ワインリストも僕の頭におぼろげにしかありません。

 リストが無いので、ボトルで頼みたいときは品種とか地域とかイメージとかお題とか気分とか言っていただければ、いくつか提案させて頂くスタイルです。「この人みたいなヤツ」・・・とかでも頑張ります。外れたら笑っていただければ。

 リーズナブルで激ウマなもの
 変な香りだけど飲むと凄いもの
 国や品種や地方も常識はずれなもの
 飲むとほんわり幸せになれるもの
 食欲が湧いてくるもの
 
 
 そんな愉快なワイン達を取り揃えているつもりです。
 
 なによりもワインって飲んでると文句とか愚痴とか忘れて、楽しい気分になれるお酒。僕はお酒全般が大好きですが、そこがワインを商売に選んだ理由、、、、ですかね。

 

 
Img_2d93266827a21c7adbbc948b5a37085f9a4577c6
金曜日!楽しい週末の始まりです。
今日は寝不足の方も多いはず。。。
暑い中お仕事大変ですが、あと一日がんばってくださいね!

そしてミャンカーでは
本日も体に沁み込むワインをご用意してお待ちしておりますよ〜


さて、最近よく客席に飾っているこの花。
何の花かお分かりの方は相当なハーブ通。

お魚によくあうハーブ。ディルの花です。
今はお休みしている「いろいろ貝のパスタ」や葉を、
新メニュー「採れたてきゅうりと赤タマネギのピクルス」には
葉とつぼみを使用しています。

Img_3b2d70d3cc055c11885b56ac111279095dda8854
Img_2783529c0e7d72461ec26499fa74bc62d0cde5a1
矢車菊
ちょっとスッとして、いい香り、大好きなハーブです。
花は、まるで花火のようなかわいらしさ。


フェンネルやイタリアンパセリも似た花ですが、
一番繊細なディルがお気に入りの私です。

なのでお店にもよく登場。

綺麗なブルーの矢車草もよく飾っています。
これも今年たくさん咲きました。
Img_d99dc6c4f84ac635d22ace45d432eb4ce5d19481
タイム
Img_b79e6f0698d9369e4a985960ee035bf6975c1700
シソ
Img_cf3492f25bfa58d327ac682c02f8837f9641a04c
島ニンニクなんて採れてたりして。。
しそ科のハーブが元気になってきました。
「季節野菜のグリエ」につかっているタイムや、「塩豚とズッキーニの青唐辛子パスタ」、
「じゃことネギのおつまみピザ」につかっているシソも日々成長しています。


そうそう、店主親父の畑からも収穫がぞくぞくと届いています。
ご好評いただいているタマネギローストはもうすぐ終了ですが、
ピクルスのきゅうりや赤タマネギ、トマト、ズッキーニ、サニーレタス、ピーマンなどなど。。

「親父畑産メニュー」以外のメニューにもじゃんじゃん使ってまいります!
中でもズッキーニは特大。ビビリますよ!
これを生かしたメニューただいま考案中ですのでお楽しみに!